相続についてのご相談や手続きをお受けいたしております。
新たな法改正も踏まえ適切な手続きをおこないます。

 

相続(遺産分割または遺言執行)の流れ

遺産分割協議による相続(遺言書が無い場合)

〇必ず遺言の有無の確認をしましょう

〇負債の有無も必ず調べましょう(負債を調べないうちは遺産の処分は行わない)

※相続人は被相続人の遺産を調査することができます。調査をすることによって相続放棄をするのか、あるいは承認(単純承認または限定承認)し相続 するか決定することができます。

相続人調査と確定・財産調査による財産目録作成⇒遺産分割協議の準備

①被相続人の最後の本籍と最後の住所の証明(戸籍謄本、住民票の除票)

②相続人確定のための調査(改正原戸籍などの収集)⇒相続人を確定し「法定相続情報の証明」(法務局)を取得する

③遺産や負債を調査し遺産分割協議の対象を確定させる⇒財産目録の作成

④遺産分割協議の準備⇒相続放棄、未成年の相続人(家庭裁判所による特別代理人の選任)、意思能力の無い相続人(家庭裁判所による後見人の選任)などの手続きを行い遺産分割協議に参加する人を確定させる

遺言書による相続(遺言書執行)

『有効な遺言書』がある場合は遺言が優先され、遺言による手続き(遺言執行者による遺言執行)が行われます。

遺産分割協議による相続(遺言書が無い場合)

遺言書が無い場合は、相続人全員が参加し、遺産の分割について協議(遺産分割協議による相続手続き)し、全員の同意によって遺産分割を行います。必ずしも法定相続分を考慮しなければならないわけではないが遺留分という権利があり主張されることもあるので注意が必要。(全員の同意が得られない場合は裁判所の手続きへ移行させ決着を図ることができる。)

その他の各種相続手続

遺産分割協議で取り決め、作成した遺産分割協議書にのっとって相続登記や預貯金の払出等手続きをおこないます。

①不動産の相続登記     

②各金融機関預貯金相続手続 

③クレジットカード等各種解約等その他

役所などの主な手続

お問い合わせはこちら028-660-9437受付時間 9:00 - 18:30 [ 日・祝除く ]

お問い合わせはこちら