<書類作成上のポリシー>

契約とは約束です。 契約は口約束だけで成立します。 この約束事を記録し残しておく書面が契約書ということになります。 契約書は後の紛争を予防することであり、また紛争になった場合の重要な証拠となります。

例えば金銭消費貸借契約書に強制執行認諾約款を付けて公正証書にしておけば不履行があった場合は即時に強制執行が可能となります。

当事務所では、書類作成のプロとして、契約の内容を書面に書き写すだけでなく、コンプライアンスのチェックなどを通し、契約書の中に、後に相手方と紛争になったときでも、互いの合意のもと、予備的な効力を持った条項を入れておくなどして迅速な解決が図れるような契約書を作成するよう努めております。

<作成書類例>

土地賃貸借契約書、定期借地権設定契約書、事業用借地権を設定する覚書、建物賃貸借契約書、管理業務委託契約書などの不動産関連契約書等

使用貸借契約書、金銭消費貸借契約書、

贈与契約書、死因贈与契約書、債権贈与契約書、動産譲渡担保契約

委任契約書、寄託契約書

請負契約書

道路使用などの協定書

内容証明郵便、

公正証書作成のための原案作成